平日19時まで受付・土曜日も診療の関内の歯医者さん

〒231-0047 神奈川県横浜市中区羽衣町2-5-6
JR「関内駅」北口より徒歩2分

診療時間
9:30~13:00 × ×
15:00~19:30 × ×

△:14:30~17:30
休診日:水曜日、日曜日、祝日

ご予約・お問合せはこちら

045-260-7572

入れ歯の治療とは?

入れ歯の治療とは?

 

■入れ歯の治療とは?

 

むし歯や歯周病、外傷などで歯を失った際には、何らかの方法で欠損部を補う必要があります。失った歯の本数や顎の骨の状態によっても最善といえる治療法は変わりますが、比較的多くの人が選択するものに「入れ歯」があります。今回はそんな入れ歯治療についてわかりやすく解説します。

 

▼すべての症例に適応できる治療法

 

入れ歯は、失った歯の本数や顎骨の状態に関わらず、すべてのケースに適応することができます。それだけに装置の設計もさまざまで、使用する材料も自由に選ぶことができます。もちろん、保険診療の範囲内で入れ歯を製作する場合は、さまざまな制約を伴うこととなります。

 

▼入れ歯の種類

 

入れ歯は、「部分入れ歯」と「総入れ歯」の2つに分けることができます。部分入れ歯は文字通り歯列の部分的な欠損を補うためのもので、1本から複数本の歯の喪失に適応できます。一方、総入れ歯はすべての歯を失った場合に適応されるものです。保険診療か自由診療科によって、装置の設計や使用する材料も大きく異なります。

 

▼入れ歯のメリット

 

歯を失った際に入れ歯を選択する人が多いのは、費用が安いというメリットがあるからです。保険が適用されるため、13割負担で治療を完結させることができます。また、比較的治療期間も短く、装置の修理もしやすいという特徴も人気が高い理由です。

 

▼入れ歯のデメリット

 

入れ歯と比較される治療法に「インプラント」があります。インプラントであれば、入れ歯のデメリットの多くを解消できるからです。最も大きなのは、噛み心地ですね。入れ歯は取り外し式の補綴装置であり、使用している中でどうしてもズレたり、外れたりすることがあります。また、硬いものが噛みにくいというデメリットも存在しています。

 

その点、人工歯根を顎の骨に埋め込むインプラントでは、限りなく天然歯に近い噛み心地を獲得することができます。もちろん、使用中にズレたり、外れたりすることもありません。さらにいえば、顎の骨が経年的にやせていく、見た目が良くない、といった入れ歯のデメリットも解消することが可能なのです。

 

▼入れ歯は調整しながら使うもの

 

入れ歯を装着してすぐに、合わない、使いにくい、といった感想を持たれる方もいらっしゃいますが、入れ歯というのは徐々に調整しながら使っていくものです。そのため新製後、違和感や異物感などが大きくても調整をしながら慣れていくことが大切です。入れ歯を使わずに欠損部を放置すると、もっと大きなトラブルを引き起こしてしまうことも珍しくないのです。

 

▼まとめ

 

 

このように、入れ歯は失った歯を補うための治療法であり、あくまで選択肢のひとつです。ケースによってはブリッジやインプラントの方が適していることもありますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。

045-260-7572

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:30~13:00/午後:15:00~19:30
△:14:30~17:30

休診日:水曜日、日曜日、祝日

045-260-7572

〒231-0047
神奈川県横浜市中区羽衣町2-5-6
JR「関内駅」北口より徒歩2分