平日19時まで受付・土曜日も診療の関内の歯医者さん

〒231-0047 神奈川県横浜市中区羽衣町2-5-6
JR「関内駅」北口より徒歩2分

診療時間
9:30~13:00 × ×
15:00~19:30 × ×

△:14:30~17:30
休診日:水曜日、日曜日、祝日

ご予約・お問合せはこちら

045-260-7572

よくあるご質問

歯みがきの時に血が出る理由は?

■歯磨きをして血が出る理由は?

 

歯磨きをしていて、歯ブラシに血がついていると驚いてしまいますよね。お口の中から出血するというのは、日常的にあまりないことなので不安に感じる方も多いことかと思います。そこで今回は、歯磨きをして血が出る理由をわかりやすく解説します。

 

▼はじめに疑われるのは歯周病

 

とくに大きな病気を持っているわけでもなく、唐突に歯磨きで血が出たのであれば「歯周病」が疑われます。歯周病の主な症状には、歯ぐきの腫れやブラッシング後の出血があるからです。そこで気になるのが「歯周病ではなぜ血が出るのか」という点ですよね。もっと強い痛みなどを伴うむし歯では、出血することはほとんどありません。

 

▼歯周病で血が出る理由

 

歯周病は、細菌感染症の一種です。感染が起こった歯ぐきには炎症反応が生じて、赤く腫れ上がります。そこでは白血球などの免疫細胞が集まって、細菌の排除に努めるからです。そうして腫脹した組織は、ちょっとした刺激が加わっても損傷してしまうのは、皆さんも容易に想像できますよね。それは歯ブラシによるブラッシング程度の圧力でも起こり得ます。歯周病で歯ぐきから血が出るのはそのためです。

 

▼血が出ても歯磨きはすべき?

 

出血するということは、組織が傷ついていることを意味するので、それ以上負担をかけたくない、刺激したくない、というのは一般的な考え方です。実際、歯周病によって赤く腫れた歯ぐきを無暗に刺激することは決してもおすすめできません。けれども、歯ぐきからの出血が怖くて歯磨きをしなくなると、歯周病の症状はさらに悪化します。ですから、歯周病を治すのであれば、歯ぐきから血が出ても適切な方法で歯磨きを継続する必要があります。

 

▼お口を清潔にすることで出血も改善される

 

歯ぐきから血が出る歯周病には、歯のクリーニングや歯石除去で症状を改善させます。歯周病菌の温床となる歯垢や歯石を取り除くことが歯ぐきからの出血をなくす上で何より重要だからです。そのため、歯周基本治療では患者さまへのブラッシング指導も実施します。患者さまが正しい方法で歯磨きをすることで、口腔衛生状態を改善していただくためです。そうした最適といえるブラッシング法を身に付け、臆することなく毎日の歯磨きを継続していきましょう。

 

▼まとめ

 

このように、歯磨きをして血が出る原因は、主に歯周病です。その他、全身疾患に由来する場合や外傷による出血も考えられますので、まずは歯科医院で精密な検査を受けることをおすすめします。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。

045-260-7572

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:30~13:00/午後:15:00~19:30
△:14:30~17:30

休診日:水曜日、日曜日、祝日

045-260-7572

〒231-0047
神奈川県横浜市中区羽衣町2-5-6
JR「関内駅」北口より徒歩2分