よくあるご質問 Q&A

2017.02.17更新

歯の写真

 基本的には、矯正治療を受けられる方のほとんどが、歯並びやかみ合わせが悪いことを気にされ治療を開始します。

 悪い歯並びやかみ合わせを放っておくと、 食事の効率が悪い、むし歯や歯肉炎、歯周病になりやすい。発音に影響が出る場合がある。

 口元や顔の形、顎の成長にも影響が出る。口元にコンプレックスがあり、心理的にも悪い影響を与える場合がある。

 などの症状がおこることが考えられますので、そのような症状の方も矯正治療の対象になる可能性があります。

田坂歯科クリニックでは毎月第4日曜日に矯正の治療を行っております。

ご相談からお気軽にどうぞー。

投稿者: 田坂歯科クリニック

2017.01.26更新

歯ブラシ

 歯みがきの時に出血する場合、いくつかの原因が考えられますが9割は歯周病と思われます。

 歯周病の原因は歯のまわりについている汚れ、歯垢(プラーク)の中にある細菌です。

 歯周病は軽度である歯肉炎(歯のまわりの歯肉にのみ炎症が起こっている状況)から 歯周炎(歯のまわりの骨にまで炎症が起こっている状況) まで様々です。

 出血するということは歯の周りに汚れがたまり、プラークの中の細菌のせいで歯肉に炎症が起こっているということです。

 まずは出血が少なくなるよう日ごろの歯ブラシでプラークをしっかり取り除きましょう。血が出るからといって歯ブラシを当てなかったり避けるのは逆効果です。悪い血を出すような気持ちでしっかり歯ブラシを当ててください。

 次に歯医者でクリーニング、スケーリングをしてもらいましょう。歯石やプラークを取ってもらえば、出血は徐々に減ってくるはずです。

 

投稿者: 田坂歯科クリニック

2017.01.10更新

むし歯の絵

甘いものばかり食べてるとむし歯になる。

歯みがきをちゃんとしないとむし歯になる。

よく聞きますよね。

歯はどうしてむし歯になるのでしょう?

むし歯の原因はむし歯菌、細菌です。主なむし歯菌をミュータンス菌と言います。

歯垢(プラーク)1mgの中に何億もの細菌がいると言われています。

ただ、むし歯菌が直接歯を食べているのではありません。

むし歯菌はわれわれが食べた糖分を食べ栄養にしています。その時に糖分を分解する乳酸を作り出します。

その酸が歯を溶かしてむし歯になるわけです。

甘いものを食べるということは、せっせとむし歯菌にえさを与えてるというこなのですねー。

歯みがきをしないということは、むし歯菌が食事をしてる時間を増やしているということになりますね。

怖いのは痛くなるまでそんなに自覚症状がないということです。

一度失った歯はもう元には戻りません。

一生美味しく食事をしていくために歯は大切にしたいですねー(^^

 

 

 

 

 

投稿者: 田坂歯科クリニック

2016.10.27更新

今後とも宜しくお願い致します!

投稿者: 田坂歯科クリニック

田坂歯科クリニック 診療時間:土曜の午後は、14:30−17:30
休診日:水曜・日曜午後・祝日 関内駅より徒歩2分 平日19時半まで 土日診療可能 ホームページを見たとお伝え いただければスムーズです tel:045-260-7572